骨肉腫の特徴

診断
骨肉腫ができやすい箇所 骨肉腫には発症しやすい箇所があることをご存知でしょうか。骨肉腫は、太ももの骨で膝に近い大腿骨遠位や脛の骨で膝に近い脛骨近位に発生することが多いです。
稀にできやすい箇所 大腿骨遠位と脛骨近位以外では、股関節周辺や肩関節周辺や顎の骨に起こる場合があります。また、骨盤や背骨に発生することがあるので把握しておくと良いでしょう。
初期症状がわかりにくい病気 骨肉腫は、発症した箇所によって初期症状が分かりにくいです。気付かない間に腫瘍が大きくなって進行しています。しかし、ここまで進行すると、しびれや麻痺といった症状がでてくるでしょう。
何か異変があれば早期に病気で受診する 骨肉腫の症状は、継続して特定の場所が痛んだり腫れたりします。また、熱感があるなどの症状が現れる場合もあります。これらの症状がでた時は、すぐに病院に行くことが重要になります。

骨肉腫の種類によって初期症状が異なる場合がある

骨肉腫には、いくつか種類があります。そして、種類によって初期症状は違います。ですから、初期症状を把握して早期発見・早期治療をするようにしましょう。

広告募集中