骨肉腫になる原因を知る

看護師

骨肉腫の原因とリスクを知りましょう

骨肉腫のはっきりとした原因は今現在分かっていません。しかし、がん抑制遺伝子の異常が起きることで発症のリスクが高くなるのではないかと言われています。

フッ素を大量に摂取すると骨肉腫になりやすい

フッ素は虫歯予防に効果的とされています。しかし、フッ素は体に害があることをご存知でしょうか。多少の摂取であれば問題はありませんが、飲料水に混入するなどして大量に摂取すると骨肉腫の発症リスクが高まるのです。

がん細胞が悪性になると骨肉腫になる

がん細胞は体で作られていて、数が少ないうちは問題はありません。しかし、がん細胞がどんどん増えて正常の細胞を冒すようになると悪性になります。がん細胞が悪性なると骨肉腫や他の悪性腫瘍を発症します。

生まれつきのがん抑制遺伝子の関係しています

骨肉腫になるきっかけは、正常な細胞ががん細胞へと変異して、数が増えることで起こります。しかし、最近では生まれつきのがん抑制遺伝子も関係していると考えられているのです。

広告募集中